メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

お腹ダイエットには食事の改善を

 メタボなお腹をダイエットしたいなら、まず食事から手をつけてみましょう。食事から摂取する栄養やカロリーを考えながら食べることは、ダイエットに役立ちます。大食いはやめて、朝、昼、晩と3食きちんと食べることが大切です。

朝食抜きは太る原因になりますので注意しましょう。絶食や食事量の大幅ダウンによって脂肪を減らそうとする人もいますが、食事量を減らすだけのダイエットは生命維持に必要な各臓器にダメージを与えかねず、危険です。食事の量を見直す時は大幅に減らさず、これまで食べ過ぎという人は20%ほどを落としましょう。

また、ご家族の食事の残りをいつも食べるという食事スタイルはダイエットになりません。また、ダイエット中は3食の食事以外でのつまみ食いやながら食いは控え、甘いものは手を出さないようにください。お腹がすいている場合はミネラルウォーター、特に硬水を飲みましょう。

不思議と満腹感が得られますのでおすすめの方法です。布団に入る3〜4時間前の食事は控えることもお腹のダイエットを成功させるには忘れてはならないポイントです。コーラや冷たいジュース、ビールが恋しくても、ダイエット中は控えてください。

急に体が冷えると、冷えた内臓を温めようとしてお腹の血管に脂肪が集まってきます。血液がどろどろになってお腹に脂肪がたまりやすくなるからです。肌荒れや便秘になることもあります。喉が渇いた時は、冷たいものではなく温かいものを飲むようにします。糖分の多いお菓子や脂身の多い肉、揚げ物は高カロリーの食べ物ですので、お腹のダイエット中は極力避けるようにする必要があるといえます

-|-|-|-

食事の改善で血糖値を下げる

血糖値を下げる には日頃の食事や食べ物を改善していく必要もあります。甘いものや油ものは健康になりたいし痩せたいけど食べたいとは思いますが控えめにすることも大事です。血糖値を下げるサプリメントなどをを使っているから何を食べても大丈夫というわけにはいきません。血糖値を健康的な状態に保つには、1日3回の食事が不規則にならないように気をつけ、たんぱく質や野菜をメインにした食事を摂りましょう。野菜類を食べる時は、ゆっくり煮込んだ野菜のスープや茹で野菜で必要量を取り入れたいものです。野菜ジュースは完全な代替物にはなりませんが、時には便利に活用できます。血糖値サプリメントなどはあくまでも体質改善の補助剤です。くれぐれも過信せずに運動や食時、食べ物改善もあわせて実行しましょう。


-|-|-|-

ダイエット運動によるメタボ対策

メタボ対策としてダイエットに取り組むという場合、適度な運動をするという人は多いようです。2種類の狙いがダイエット運動にはあります。代謝の高い体になることと、脂肪を燃焼させることです。ジョギングやウォーキングなどまず手軽にできる運動を始めてみるのが、メタボ対策にはおすすめです。<br /><br />運動をする時間が思うように取れないという人は、日々のちょっとした合間に運動をすると効果的です。掃除の時間を増やしてみてもいいですし、テレビを見ながら、歯みがきをしながらできるストレッチ運動もおすすめです。毎日の時間にちょっとした隙間ができたら腕を伸ばす、肩を回すなど、おすすめなのはストレッチの習慣をつけることです。<br /><br />メタボ対策のダイエットには、電車やバスを使わず一駅歩くという方法も良いでしょう。良い方法としては、今までより意識して早めに歩いてみるというものもあります。お勧めなのは、早起きを習慣づけて、毎朝一定距離を歩くことです。<br /><br />ウォーキングなどの有酸素運動がダイエットを促進するのが、内臓脂肪が多いメタボ体型の人です。

-|-|-|-

トマトの効果、メタボ改善

 トマトの効果でメタボ予防が期待できるというニュースが先日ありましたが
その効果でトマトジュースが品薄らしいですね。
そんなニュースがyahooにのってましたよ 以前から夜トマトダイエットなんて本も出版されてたぐらいですから
それなりの効果はあったのでしょうけど
研究でその生活習慣病や脂肪燃焼の改善効果が認められたとなると
こうなってしまうんですかね。

でも実際は睡眠不足だったり、食事が不規則だったりの生活習慣がダメなら無理だとは思いますが。

でもこんな症状はいやですから少しでもメタボ改善したいのが本心でしょう。

心筋梗塞や脳卒中の背景にあるという高血圧や血糖値の上昇、高脂血症などは自覚することが少なく、なかなか気づきにくいものです。自覚症状がなくても、メタボリック症候群と判断されたなら血圧や血糖値に注意したいものです。

メタボリック症候群の恐ろしい点として、何らかの生活習慣病にかかった場合はそれが引き金となって他の症状が同時に併発するということもあるといいます。一つの症状を皮切りに、次々と新たな症状が出てくることは広く知られています。

メタボリック症候群の人は普通の人よりも数倍、場合によっては数十倍も生活習慣病になる確率が高くなる事を意味しています。急な脳梗塞や心筋梗塞など、前ぶれなく命に関わる重大事が起きる可能性が、メタボリック症候群にはつきまといます。

メタボリック症候群の症状が進むにつれて、血管の脆さも増していきます。血管は人体に必要な血液が循環する部分ですが、コレステロールのために血管が狭まることがあります。張りを失った血管はもろくなり、血液が十分に行き渡らないということもあります。

心臓や脳を流れている細いけれど重要な血管が詰まることなどで、命を奪いかねない脳卒中や心筋梗塞になることもあります。心筋梗塞や脳卒中にならないように普段から予防する事が大切になってきます。メタボリック症候群になると病気のリスクが高くなるので、日頃からメタボリック症候群にならないための予防知識を少しでも増やすようにしましょう。

-|-|-|-

若者の間で無理なダイエット流行

やっぱり中国は近い将来<br />メタボ検診はじまるかも。<br /><br />そんなことはないですかね、<br />自分の健康は自分で守れ的な感じかもかな<br /><br />いずれにせよ<br />中国料理と欧米食ばかりたべてないで<br /><br />日本が嫌いでも日本食食べて<br />生活習慣改善して<br />健康になってくださいね。

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます