メタボ対喫煙 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

メタボ対喫煙 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

メタボ対喫煙

メタボと同様に生活習慣病に大きく影響を及ぼすものに「喫煙」があります。この負担金というのは後期高齢者医療への支援金なのですが、メタボ健診を進めるためのペナルティーとされると、「メタボ=肥満」と認識されている社会では、太っている人を疎外する風潮になってしまわないか不安があります。・・・とここでメタボ対策か喫煙対策か、と議論するより、やはり自分のからだのことですから、自分で気をつけていきたいですよね。

疑問点として挙げられるのは、健診受診率やメタボ減少率に改善が見られなかった場合にペナルティーが科せられることです。しかし、この取り組みが果たして妥当なのかどうか、それは疑問が残るところでもあります。本来なら、国を挙げてメタボ対策に乗り出す前に、喫煙対策を行なうほうが妥当だったのかもしれません。

喫煙は肥満と違って本人のみならず、周囲の人も巻き込んで健康に害を及ぼします。これは健診を行なう医療保険者にかかる負担金が増額されるもので、メタボと診断された個人に直接罰則金が請求されるわけではありません。生活習慣病にかかる可能性を早期に発見して適切な指導を行ない未然に病気を防ぐため、そして将来の医療費を抑えるため、ともっともな目的があり、納得もできます。

義務化されたメタボ健診ですが、せっかくの機会ですから積極的に受け、これからの健康習慣に役立てていきたいものですね。2008年4月から特定健診(メタボ健診)が義務化されたのですが、これについては始動した今でも賛否両論あるようです。この制度のために保険料が上がるなんていうことが起きれば、太っている人に対して「あなたがいるから保険料が高くなる」などと言う人も出てくるかもしれません。



 


-|-|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © メタボ対喫煙 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます