お腹ダイエットには食事の改善を | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

お腹ダイエットには食事の改善を | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

お腹ダイエットには食事の改善を

 メタボなお腹をダイエットしたいなら、まず食事から手をつけてみましょう。食事から摂取する栄養やカロリーを考えながら食べることは、ダイエットに役立ちます。大食いはやめて、朝、昼、晩と3食きちんと食べることが大切です。

朝食抜きは太る原因になりますので注意しましょう。絶食や食事量の大幅ダウンによって脂肪を減らそうとする人もいますが、食事量を減らすだけのダイエットは生命維持に必要な各臓器にダメージを与えかねず、危険です。食事の量を見直す時は大幅に減らさず、これまで食べ過ぎという人は20%ほどを落としましょう。

また、ご家族の食事の残りをいつも食べるという食事スタイルはダイエットになりません。また、ダイエット中は3食の食事以外でのつまみ食いやながら食いは控え、甘いものは手を出さないようにください。お腹がすいている場合はミネラルウォーター、特に硬水を飲みましょう。

不思議と満腹感が得られますのでおすすめの方法です。布団に入る3〜4時間前の食事は控えることもお腹のダイエットを成功させるには忘れてはならないポイントです。コーラや冷たいジュース、ビールが恋しくても、ダイエット中は控えてください。

急に体が冷えると、冷えた内臓を温めようとしてお腹の血管に脂肪が集まってきます。血液がどろどろになってお腹に脂肪がたまりやすくなるからです。肌荒れや便秘になることもあります。喉が渇いた時は、冷たいものではなく温かいものを飲むようにします。糖分の多いお菓子や脂身の多い肉、揚げ物は高カロリーの食べ物ですので、お腹のダイエット中は極力避けるようにする必要があるといえます

-|-|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © お腹ダイエットには食事の改善を | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます