生活習慣病の発生状況と課題 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

生活習慣病の発生状況と課題 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

生活習慣病の発生状況と課題

 生活習慣病というのは自覚症状がありませんからいくら厚生労働省や病院、医師などが、生活習慣病を予防することを口を酸っぱくして言っていたとしても、自分が何となしなければ生活習慣病を予防することはできません。それをどうやって気がつくことができるのかということが生活習慣病の今後の課題になっていくわけですがやはり徹底した健康診断の実施ではないでしょうか。ですから生活習慣病の発生状況としては最悪のものだといえるのではないでしょうか。一人一人がもっと生活習慣病に対して認識を高めることが今後の課題になっていくと思いますがこれは今後何年たっても生活習慣病の課題であり続けるといわれています。

生活習慣病というのは自覚症状もなくて何十年にもわたって体の中をむしばんでいくといわれていますから生活習慣病が突然発生してもおかしくないと思います。生活習慣病の発生状況ですが、生活習慣病がこれだけ注目されて話題になっている日本でもまだまだ生活習慣病は減ることがなく、むしろ生活習慣病は増えていく一方であるといわれています。生活習慣病の発生状況を見て思うことは最近は生活習慣病の弱年齢化が進んでいることがわかります。なぜなら生活習慣病は件数が一向に減りません。

生活習慣病の発生状況として一番多いのが、突然の発生が一番多いといわれています。生活習慣病の課題についてですが、生活習慣病をこれからも気をつけて発生件数を減らしていかなくてはいけない日本ですが生活習慣病の課題はまだまだあると思います。生活習慣病の発生状況を把握しておくことで自分も生活習慣病にならないように気をつける必要があります。ひとりひとりがもっと生活習慣病について考えられれば生活習慣病の発生件数も減るのですが、一人一人が自覚症状がありませんからどうしようもありません。

国民一人一人が健康診断を受けれる環境にあれば生活習慣病も減るかも知れません。たとえば突然生活習慣病によって突然死するというのも珍しくありませんし、脳卒中や心筋梗塞になってしまうとい状況も生活習慣病の発生状況から考えると決して珍しいことではないといわれています。昔は生活習慣病といえば、中高年に多いといわれてきましたが、ここ数年で生活習慣病にかかる30代も増えていますし、子供でも生活習慣病にかかる子供が増えているといわれています。なぜこれだけ生活習慣病についてあれこれといわれているのに生活習慣病の人が減らないことは、生活習慣病には自覚症状がないことが原因です。

 


-|-|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © 生活習慣病の発生状況と課題 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます