生活習慣病と肥満 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

生活習慣病と肥満 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

生活習慣病と肥満

 生活習慣病の肥満になってしまう原因は、食べすぎることと運動をしないことだといわれています。生活習慣病のひとつである肥満を予防するためにはどうすればいいでしょうか。ですから食生活の見直しと運動不足の解消が生活習慣病の予防につながると思います。運動不足が生活習慣病の肥満になりやすいといわれていますから生活習慣病の肥満予防のためにも、運動不足にならないように有酸素運動などをして体を適度に動かすことをお勧めします。欧米人の場合には超肥満の人がいるのですが、日本人であまり超肥満の人を見かけないのは理由がって、日本人はインスリンの分泌があまりされませんから太ってもそれ以上は肥満にならずに、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすい体質にあるといわれています。

軽いウオーキングなどでも十分に効果はあります。そして食事をする際には生活習慣病の肥満にならないためにも食物繊維がたくさん入っているような野菜などを多めに摂取するように心掛けましょう。たとえば生活習慣病の肥満のせいで突然死になる人もいますし、子宮がんや乳がんにもなりやすくなるともいわれています。ですから他の国の人よりも、日本人は生活習慣病の肥満には気をつけていかなくてはいけないのです。

生活習慣病の肥満予防は生活面での見直しも必要です。生活習慣病の肥満というのは意外と大丈夫だと思っている人も多いようですが、実は色々な病気を巻き起こす原因になりますからかなり注意が必要な生活習慣病です。他にも生活習慣病の肥満は糖尿病や高血圧などにも関係していますから、たかが肥満、太っているだけと過信していると生活習慣病の肥満は大変なことになります。そして生活習慣病の肥満が、心筋梗塞に発展したり脳卒中にもなりかねませんから注意しなければいけません。

生活習慣病の肥満についてです。ではまず食事の面からですがバランスのいい食事を食べることはもちろんのことなのですが、量にも注意をして、量はお腹いっぱい食べるのではなくて腹8分目にすることを心がけて食生活の見直しをしましょう。早食いをすると満腹中枢が刺激されませんから早ぐいしないように、ゆっくり食べるように心掛けて夜に夜食などを食べるのをやめて、お酒もできるだけ量を控えることが生活習慣病の肥満予防に努めましょう。もしも生活習慣病の肥満を放っておくとどうなるのかというと、血管が傷つくこともありますし、もろくなってしまって将来的に動脈硬化にもなるといわれています。


-|-|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © 生活習慣病と肥満 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます