糖尿病 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

女性は仕事のストレスで糖尿病になる可能性が高い

 ストレスは体に良くないと言われてきましたが、
科学的な研究結果が発表されました。

女性は職場でのストレスを抱えると
食べ物へと目がいくらしく。
その中でもスイーツなどカロリーの高いものを食べてしまい
摂取カロリーのコントロールができなくなってしまうようですね。

その結果、糖尿病へのリスクが2倍になってしまうようですね。

たかが仕事、されど仕事ですが、
ストレスを抱えないように
適当に頑張って仕事をしたほうがいいかもw

-|-|-|-

糖尿病とサプリメントの効果

糖尿病を患っている人の中には薬ではなくサプリメントなどで症状を改善できればいいと願っている人も少なくないようです。

税金の値上げやTPP導入計画など不安要素がいっぱいで病気にもなれない状況になりつつある状況で、自己管理で病気予防のためのお手軽なサプリメントの飲み方や種類とか期待できる症状への効果などのサプリの基礎知識の情報を自分でメモする意味で発信していきますね
実際に、糖尿病は日本人の現代病と1つとも言われています。糖尿病の原因は主に生活習慣に由来しているので、別名生活習慣病とも呼ばれています。実際糖尿病になりかけている予備軍の人達も大勢いますし、糖尿病の患者数は年々増加し続けているそうです。

糖尿病は一般的に、血糖値が膵臓から分泌されるインシュリンの働きが正常ではなくなることで高くなることから起きるそうです。血管などに負担をかけ、さまざまな病気の引き金にもなるのが、常に高血糖でいることです。

病気を予防する事が非常に大切なのです。血糖値の状態を改善する成分が配合されたサプリメントが最近は次々と販売されているのは、そういった背景もあるからでしょうか。非常に注目されている商品の1つだといえるでしょう。

お茶やドリンクタイプのサプリメントが特に血糖値が高めの人には、非常に人気があるそうです。長期間欠かさずサプリメントを飲み続けている人もいるそうです。ただしサプリメントは薬ではないので、糖尿病を治療する効果は無いといえます。

サプリメントも含めて何とかこれ以上悪化しないように、糖尿病ではないけれど、普段の食生活に気を付けるように医師から言われている人にとっては、さまざまなものを試してみるのも良いのではないでしょうか。


-|-|-|-

糖尿病の治療法_薬物療法

 
どんなに副作用が少なくても、薬は体にとっては異物ですから、できれば飲まないほうがよいわけです。特にBG剤は、副作用が強く出る恐れがあるので、要注意です。その場合は、食事・運動療法を再確認して厳格に行い、その結果、他の経口剤を併用したり、インスリン療法へ移行したりします。低血糖が起き、副作用と思われる症状が出たときには、必ず主治医に報告してください。

主な経口剤は、「スルフォニル尿素剤(SU剤)」「ビグアナイド剤(BG剤)」「α- グルコシダーゼ阻害剤」「速効型インスリン分泌促進剤」「インスリン抵抗性改善剤」の5タイプです。症状が出たら、すぐにブドウ糖(または砂糖やジュース)を口にする必要がありますので、常にブドウ糖や砂糖などを携帯してください。ですから、食事・運動療法をきちんと継続、実践していくことで、薬の量が減らせ、全く不要になってくる可能性もあります。注射に比べて抵抗感がないこと、血糖値があまり高くなければ経口剤だけでも効果があること、内服だけという簡単さなどの理由からです。

アルコールを飲むと肝臓の働きが鈍り、薬が体内に蓄積し、低血糖を起こしやすくなるので、経口剤を服用している時は、絶対に禁酒です。それから、薬の作用が強すぎたり、食事時間が遅れたり、運動量が多かったりしたときに、「低血糖」が起こりがちです。経口剤は、食事療法と運動療法を守っているのに、血糖コントロールが改善しない、2型糖尿病の人に有効です。また、SU剤を継続していると、次第に薬の効果がうすれてくる「二次無効」という状態になることがあります。

「α-グルコシダーゼ阻害剤」を服用している時の低血糖は、でんぷん・糖分の分解吸収を遅らせる薬なので、ブドウ糖やジュース類を口にして、すぐに血糖値を上げてください。まず、少量から服用を始め、血糖値の動きとともに量を加減し、血糖コントロールが安定しても、定期検査で効果を確かめていきます。薬物療法には、「インスリン療法」と「経口剤療法」の二つがあり、大半は「経口剤(経口血糖降下剤)」で治療しています。主な症状は、ふるえ・動悸・発汗・脱力感・眠気・頭痛・目のかすみ、などです。


-|-|-|-

糖尿病の治療法_運動療法

「体重を減らす」…運動時のエネルギー源として脂肪も使うので、継続すれば体重を減らすことができます。そして、ジョギングなどの中程度の運動を、1日に15〜60分程度、食後1〜2時間以内、週3〜5回というのがベストです。「運動療法」は、「食事療法」「薬物療法」と並んで、糖尿病治療の有力手段です。また、継続すると、筋肉や脂肪などの組織細胞のエネルギー変換能力が高まるので、すい臓の負担が軽くなります。これは、運動を始めて、15分を境に、エネルギー消費が、血糖中心から脂肪中心へと移行して脂肪が燃焼し始めるからです。

自覚症状で、体調がよくなったと感じたときは、血糖や体重などにも何かよい変化が出ているはずです。また、中性脂質や動脈硬化の原因の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールが増えます。また、運動を始めたら、最低20分くらいは続けると効果があります。では、どんな効果が得られるのでしょうか?「血糖を下げる」…運動時のエネルギー源として血中のブドウ糖を消費するため、血糖が下がり、それが翌日まで持続します。逆に疲労感や痛みがあった場合は、不適切な部分があるようなので、運動の中身を再検討したほうがよいでしょう。

月に1度は、主治医のメディカルチェックを受け、運動のやり過ぎや、病気を悪化させたりすることがないようにアドバイスを受けましょう。とくに、2型糖尿病で血糖コントロールが安定している人の場合は、食事療法とともに行うと、さまざまな症状が改善されます。どんな種類の運動が効果的かというと、ジョギング・ウォーキング・サイクリング・水泳などの有酸素運動がオススメです。しかし、合併症がある時には病状を悪化させることもあるので、何が効果的なのかを理解し、適度な運動で快適な毎日を過ごしましょう。他にも、「血液の循環をよくし、血圧を下げる」「心臓や肺の働きを強化する」「足腰などの筋力を強くして、老化を予防する」「ストレス解消など、気分転換になる」「体力がついて動きが楽になるので、日常生活が快適で過ごしやすくなる」などがあります。

毎日続ける必要はありませんが、1日おきでも継続し、長く続けることが大事です。その中でも、手軽で道具なしで誰でもできる運動「速歩」「散歩」「自転車」「ジョギング」「水泳」などに人気があります。また、動脈硬化の予防や老化防止にも効果があることが、実証されています。なお、運動の前後は、必ず、準備体操・整理体操も忘れずにしてください。そして、効果があったかどうかの判断は、自覚症状とメディカルチェックの両方で見ます。


年間1000人 累計22万人以上を改善 李先生の高血圧改善プログラム


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。


-|-|-|-

糖尿病の治療法_食事療法(外食)

外食は自宅で食べるよりも分かりにくいので、外食が多い人は特に、食品交換表を使った食事の取り方を再確認してください。・自分で積極的に料理をして、料理好きになりましょう。糖尿病の食事療法は、その人にあった「エネルギー量」の中で、必要な栄養分をバランスよく摂取することです。・ポケット版の食品交換表や外食ガイドブックなどを携帯するのは、とてもよいことです。それで、とくに野菜類などの不足分は、家庭の食事で調整するようにしましょう。

表に合わせて、3食を均等に分けられるのが理想ですが、外食ではどうしても配分に偏りが出ます。自分で料理をすれば、料理前と料理後の量の違いがわかり、食材の1単位の量(=目安量)がわかってきます。・丼物より定食のほうが、栄養がバランスがよいでしょう。主治医に相談しましょう。・原則、禁酒です。

・残業するときは、夕方に軽食をとり、その分は夕食で調節しましょう。・天ぷらやフライなどの揚げ物料理は、高カロリーです。他にも外食を楽しむ知恵が、いろいろあります。そのため、簡単にエネルギー量をチェックするために、食品交換表をよく理解して、有効活用することが大切です。・宴会はなるべく避けたほうがよいですが、参加する日は昼食を少なめにしておきましょう。

・目安量の確認に、ハンディータイプの秤を活用しましょう。そこで、外食にあてる「エネルギー量」と「単位配分」を確認します。衣を外して食べたほうがよいでしょう。料理された物を見たときに、「表のどれに該当するか、どれくらい使われているか、何Kcal〈キロカロリー〉 ぐらいか」が、わかるようになればベストです。・目安量がつかみやすいので、食材の形が生かされたナチュラルなメニューがオススメです。


-|-|-|-

糖尿病の治療法_食事療法

食事療法で少々難しく感じるのは、食品を選ぶとき、その食品の栄養素やエネルギー量が、わかりにくいということです。そして、季節の変化や好みを取り入れて、「食事療法」をバラエティーに富んだ、おいしく楽しいものに変えていってください。しかし、食事療法といっても、特別な食事ではなく、1日の摂取エネルギー量が制限されるだけです。「必要なエネルギー量」「必要な栄養量」を算出し、「80kcal=1単位(交換表の基準)」として、配分や交換のルールを把握します。インスリンが不足すると、ブドウ糖などの栄養がエネルギーとして利用できなくなり、各細胞が栄養不足になります。

栄養バランスがとれていて、その人にあったエネルギー量の食事に切り換える、それが食事療法です。一方、利用されないブドウ糖はどんどん増え続けて、血液中にあふれてしまいます。また、そのことは、一般の人が生活習慣病を予防し、長生きするための健康食としても効果的です。食事療法はどうして必要なのでしょうか?それは、糖尿病がインスリンの不足や欠乏から起こる病気だからです。ただ、実践の段階で、慣れるのにちょっとコツがいります。

あとは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」の三大栄養素と、ビタミンやミネラルなどを欠かさず、必要量とること。それは、普段よく食べる食品から約500種を選び、似たもの同士を分類し、同じ表同士なら交換可能な範囲を示したものです。そこをわかりやすく表にしたものが、日本糖尿病学会の「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。つまり、それまでの食事の偏りを改めて、健康的でバランスのよい食事にすることが目的なのです。そうやって、実践していきながら、どんどん慣れていってください。

食事療法は少し軽視されがちですが、一番効果があり、かつ、他の治療法の効果も助ける、一番基本的で重要な治療法なのです。そして、よく食べるものをチェックして、すでにある献立表を食べたい献立にアレンジします。その状態が「高血糖」で、これを放っておくと合併症が起こってきます。これを使えば、食品のエネルギー量と重量が簡単にわかり、また、他の食材に交換できるので、それほど献立に悩むこともありません。そうならないためには、食べ物の量を制限し、いろんな栄養が不足しないよう、「食事の取り方」を変える必要があるのです。


-|-|-|-

糖尿病の予防(ダイエット)



減量を成功させるポイントは、次のようなことです。
1.肥満の今がチャンスだと思いましょう。まだ、軽度のうちなら糖尿病は治せるのです。
2.運動療法の前には、メディカルチェックを受け、関節症や他の合併症がないことや、注意点をチェックして行いましょう。
軽い運動から始めて、筋肉や関節を痛めないようにして、また、筋肉をつける運動も加えていきましょう。
3.停滞期やリバウンドにめげないで、あせらずに毎日の積み重ねで乗り切りましょう。
4.「早食いをしない」「ゆっくり、よく噛んで食べる」「満腹まで食べない」ようにしましょう。
5.薬はなるべく減らす努力をしましょう。食事と運動が減量の基本であり、最大の近道です。

-|-|-|-

糖尿病のチェック

 □甘いものが、時々、急に欲しくなる。□お酒をよく飲む、量も多い。□尿のにおいが、何だか気になる。□なんだか、食べ過ぎみたいだ。□やたら、喉が乾く時がある。□食欲旺盛で、いくらでも食べられる。糖尿病は自覚症状がないので、すでにかかっているかどうかも、チェックしてみましょう。□妊娠中に血糖値が上がった。

□食べても、なんだかヤセる。□夕食が遅く、ドカ食いしてしまう。□家族や親戚に糖尿病の人が何人かいる。□最近、太ってきた。□朝食は、食べられない。□ストレスがたまっていると思う。□甘いものも好き。もし、当てはまることが多い場合は、なるべく早く検査を受けるようにしましょう。

さあ、どうでしたか?…チェックが多い人が、かかりやすいタイプです。□肌が痒い、かさついている。□おやつや間食を毎日する。□ドリンク剤をよく飲む。□なんだか、疲れやすい。□40歳以上である。□太り気味である。糖尿病にかかりやすいタイプかどうか、ちょっとチェックしてみましょう。

□最近、運動不足である。□足がむくみ、重い気がする。□全身がだるい気がする。□野菜や海草類を、食べないことが多い。□時々、手足がしびれ、ピリピリっとする。□ゆっくり休めない、疲れがたまっている。□眼が疲れ、視力が落ちた気がする。□ちょっとしたヤケドや、傷の痛みに鈍くなった気がする。


-|-|-|-

高血糖と診断されたら

一度糖尿病と診断されたら、きちんと定期的に検査を受けて、血糖のコントロールの状態を確かめることが大切です。糖尿病は初めが大事なので、検査で高血糖といわれたら、まず、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。必ずお医者さんの指示に従って、血糖のコントロールを続けていくようにしましょう。また、針やチップは消耗品ですし、長期に渡っての使用になるので、コストもかかります。

最近は、自分で血糖値を測れる「血糖値測定器」があり、いろんな種類が販売されています。そして、定期的に血糖値の検査を受け、食事や運動など、日常生活についての指導を受けます。高血糖といわれたら、どうすればいいでしょう。そのうち、いつの間にか血糖が上昇して、合併症を併発してしまいがちです。

血糖値が下がったからといって、もう治ったのではなく、生活習慣が乱れるとまたすぐに上がってしまいます。機能に多少の違いはありますが、指や腕・太ももを針で刺して採血し、チップ(センサー)に付けて本体で測定するというものです。ですから、まずは、いろいろ調べてみてから購入することをお勧めします。糖尿病のタイプによっては、一部、保険適用も可能ですので、詳しくはお医者さんに相談してみてください。

メーカーによって価格や使い方、糖尿病のタイプや生活環境によっても、測定を選ぶポイントがずいぶん違ってきます。ところが、血糖値が安定してくると、治ったかと安心して、検査や治療を受けなくなる人が多いのが問題です。合併症を併発してしまうと、さらにさまざまな症状がでてきますので、日常生活や治療にいろんな支障が起こってきます。


-|-|-|-

3大合併症

「糖尿病神経障害」は、合併症の中でも、最も早く出てくる症状です。そうすると、機械で血液の不要成分をろ過する「人工透析」を行って、尿を作るようにします。糖尿病に特に多い合併症で、血糖コントロールや治療をしないままでいると、糖尿病を発症してから10〜15年で発症する可能性があります。そして、「硝子体出血」や「網膜剥離」と診断され、さらに、失明してしまう場合や、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病自体も自覚症状の少ない病気なので、放置したままにしておくと、ある日突然、目が見えなくなった、目の前が真っ暗になったと病院に駆け込むことになります。「3大合併症」とは、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」のことをいいます。週に2〜3回、病院などで透析を受けるため、日常生活への負担や影響が大きくなります。

「糖尿病腎症」とは、尿を作る腎臓の「糸球体」という部分の毛細血管の血流が悪くなり、だんだんに尿が作れなってしまいます。末梢神経障害の手足の症状の出方は様々で、手足のしびれ、ケガやヤケドの痛みを感じにくいことなどがあります。その他、筋肉の萎縮・筋力の低下・立ちくらみ・発汗異常・胃腸の不調・インポテンツなど、いろいろな自律神経障害の症状も出てきます。

現在、人工透析をすることになる原因の第1位が、この「糖尿病腎症」だということです。網膜症は少しずつ進行しますが、気をつけなければいけないのは、進行しても視力の低下などの自覚症状がないということです。「糖尿病網膜症」とは、眼底の網膜の血管の血流が悪くなって、虚血・血管の増殖・出血・網膜はく離などが起こり、視力が弱まることをいいます。


-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © 糖尿病 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます