メタボ検診 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

アメリカで健康予防対策番組が大ヒット

 アメリカなら当然ですよね。

日本でも痩せる方法を追いかけたダイエット番組や
健康や医師にスポットを当てた番組は人気がありますよね。

医療費が高額なアメリカなら
本当に病気にならないようにするのは
重大なテーマでしょう。
それに具合が悪くても病院にいけない人が大勢いるのでしょうから。

先日も無料の診察会に多くの人が集まったと
ニュースがありましたものね

-|-|-|-

メタボ改善で花王と味の素が提携らしい

 大手企業のメタボ分野での提携が
発表されましたね。

味の素も、最近は
アミノ酸系のサプリメントなんかに
かなり力入れて販促してたし
花王はもともと健康ケアの事業に力を入れてたから
どんな商品や製品やらサービスが出てくるのか楽しみですね。

まあどんな商品が出てきても
メタボ予防には食事と運動で改善していくという
基本には変わりないでしょうけど楽しみですね。

-|-|-|-

ダイエット運動によるメタボ対策

メタボ対策としてダイエットに取り組むという場合、適度な運動をするという人は多いようです。2種類の狙いがダイエット運動にはあります。代謝の高い体になることと、脂肪を燃焼させることです。ジョギングやウォーキングなどまず手軽にできる運動を始めてみるのが、メタボ対策にはおすすめです。<br /><br />運動をする時間が思うように取れないという人は、日々のちょっとした合間に運動をすると効果的です。掃除の時間を増やしてみてもいいですし、テレビを見ながら、歯みがきをしながらできるストレッチ運動もおすすめです。毎日の時間にちょっとした隙間ができたら腕を伸ばす、肩を回すなど、おすすめなのはストレッチの習慣をつけることです。<br /><br />メタボ対策のダイエットには、電車やバスを使わず一駅歩くという方法も良いでしょう。良い方法としては、今までより意識して早めに歩いてみるというものもあります。お勧めなのは、早起きを習慣づけて、毎朝一定距離を歩くことです。<br /><br />ウォーキングなどの有酸素運動がダイエットを促進するのが、内臓脂肪が多いメタボ体型の人です。

-|-|-|-

若者の間で無理なダイエット流行

やっぱり中国は近い将来<br />メタボ検診はじまるかも。<br /><br />そんなことはないですかね、<br />自分の健康は自分で守れ的な感じかもかな<br /><br />いずれにせよ<br />中国料理と欧米食ばかりたべてないで<br /><br />日本が嫌いでも日本食食べて<br />生活習慣改善して<br />健康になってくださいね。

-|-|-|-

食事や生活習慣の改善によるメタボリック症候群の予防

メタボリック症候群にならないよう予防するために、
普段の食事や生活習慣の見直しをしてみましょう。

現代の日本は便利なモノが溢れ、簡単に生活が送れる環境になっています。
歩きや自転車で遠くまで行く人は少なくなり、
バスや電車も発達し、ほんのわずかな距離の買い物にも
車を使うという人も珍しくありません。

エスカレーターやエレベーターもあちこちに設置され、
一階から二階への移動でも歩かずとも可能です。
エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うという方は多くないでしょう。

現代人は運動をする機会が極端に少なく、
メタボリック症候群の予防をするなら意識して身体を動かさなければなりません。
もしも日常生活の中でメタボリック症候群の予防をするならば、
身体を使う習慣をつけるようにしましょう。

メタボリック症候群を予防するには、運動面からの改善だけでなく、
タバコやアルコールを控えることも効果的です。
たばこやお酒の取り過ぎは、体によくない事は誰もが知っていることですが、
なかなかやめられないものです。

アルコールは単独で飲むだけでなく、
カロリーの高い食事をつい食べてしまいがちです。

お酒を飲み、つまみに油脂分の多い揚げ物などを食べ、
食後にたばこを吸うという人もいます。
このような食事習慣や生活習慣を改善し、
健康的な生活を意識すればメタボリック症候群は予防することが可能です

-|-|-|-

メタボリック症候群の予防は食事の改善から

高脂血症や高血圧などの生活習慣病を防ぐには
メタボリック症候群予防が重要視されていますが、
メタボリック症候群の対策にはどういったことを心がけるべきでしょう。

最初に取り組むべきことは、
メタボリック症候群予防に役立つ食事に切り替えることです。
メタボリック症候群であると診断されても放置していたり、
食生活を見直すこともしないでいたら、
生活習慣病を発症してしまう可能性は高くなります。

メタボリック症候群を予防する時には、
食事面からの改善は必ず行うべきことといえるでしょう。
どの程度の食事を摂取しているか原因を把握することが、
食事によるメタボリック症候群対策の第一歩です。

必要以上にカロリーを摂取していれば、
余分なカロリーは簡単に体に蓄えられてしまいます。
内臓脂肪を減らすためと食事をいきなり減らすと、
栄養が足りずにかえって健康を損なう危険性もあります。

唐突に食事量を減らすこと自体、あまりいいことではありません。
食事制限でカロリーを減らすという方法もありますが、
健康のことを考えるならば揚げ物料理を蒸しものに変えたり、
野菜中心の食事に切り替えるなどの方が身体にはいいようです。

一食当たりのカロリー量を、食事量でなく食事の質を変えることで抑制できれば、
メタボリック症候群の予防が期待できます。
鶏肉のから揚げを脂身を取り除いた鶏むね肉のチキンソテーに変えたり、
サラダに使うマヨネーズをノンオイルドレッシングに変えたり、
食事のカロリー調整は誰でも簡単にできることです。

油を多用する調理法を控え、みりんや砂糖などのカロリーの高い調味料を減らし、
野菜中心の食事メニューにするだけで、
食べる量を減らさずにメタボリック症候群対策が可能です

-|-|-|-

メタボリック症候群を予防や対策する

この頃では、生活習慣病予防にメタボリック症候群という言葉が知られつつあります。

それによってメタボリック症候群の予防や対策する人が増えているようです。

今では、多くの人がメタボリック症候群という言葉の意味を
何となくでも知っているようです。
予防するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

この頃は、メタボリック症候群という元々の言葉より
メタボという略称の方が多くの人の知るところにあるようです。
メタボとは、メタボリック症候群を言いやすく短くしたものです。

ですが、メタボリック症候群という単語は知っていても、
厳密な原因や定義を尋ねられるときちんと知っている人はごくわずかのようです。
お腹が出ている人、ウェストが太い人はみんな
メタボリック症候群だと思われているようです。

ですが、そのような見方はメタボリック症候群の一面でしかありません。
メタボリック症候群とは内臓脂肪型肥満が原因によって
生活習慣病とされる様々な病気を発症しやくなっている状態であることを指す言葉です。

腹部の内臓に多くの脂肪がついた状態にある人は、
生活習慣病になりやすい体質になっていると言われています。
偏った食生活など、生活習慣の原因を把握し改善することが
メタボリック症候群になるのを予防や対策をすることに繋がるのです。

生活習慣病にならないためにも、
メタボリック症候群の兆候が見えたら早めに予防や対策をし、
適度な運動や健康にいい食習慣を作れるように取り組みましょう。

-|-|-|-

生活習慣でやせたい

 メタボ検診など気にして、やせたい人が心がけるべき生活習慣のコツとはどのようなものなのでしょう。就寝前の2時間は食べないようにする事は、やせたい人なら守らなければならないことです。歯磨きを夜寝る前にお腹が空いてしまったときにするというのはおすすめの痩せる方法です。

もう食べてはいけないと、歯磨きをする事で心理的に納得することができます。何となく食べた気もちに、歯磨き粉の香料でなる等の効果もあるといいます。時間をかけて歯を磨くと、口に物を入れたくなくなるでしょう。しっかりと歯を磨くことは、歯の健康にも良く一石二鳥ですので、やせたい人にはぴったりです。絶対にやせたいという人は、早く寝るようにしましょう。夜更かしをしていると、どうしてもお腹が空くことになります。

朝のお散歩がてらのウォーキングを、早く寝て早く起きて毎日するというのも、効果的なやせたい人にとってベストな生活習慣でしょう。お肌にも効果的で、やせたい人にはぴったりの生活習慣です。メタボの内臓脂肪も改善できるかもしれません。

帰りが遅くて、ダイエットしたくても夕食が遅くなってしまう人ならば、食べたい物を好きなだけ、朝食に摂るようにしましょう。朝食で食べられると思えば、その日の夕食の量とカロリーを抑えられるでしょう。家族はケーキを食べているのに1人だけ我慢するようなダイエットは長続きしません。

ダイエットがひとりでつらい場合には、家族も一緒にダイエットをするように声をかけてみましょう。ダイエットの成功率のアップは、やせたい仲間と一緒かどうかによって違います。やせたい人にとって、良いダイエット方法の1つに、無料のダイエット記録サイトに書き込むというのもあります。

-|-|-|-

医療保険の告知事項

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上で、血糖値、血圧、中性脂肪値のうち2つ以上の数値が基準値以上であることが診断基準となります。メタボはそれ自体が病気というわけではなく、そのまま放置し続けると、生活習慣病に進行してしまう可能性の高い状態のことを言います。そして年齢を重ねた時のことを考えると、医療保険の必要性を感じるようになり、同時に自分が通常どおりに加入できるかどうかが気になってきます。 「メタボ」という言葉をよく耳にするようになりましたが、みなさんはメタボと聞くとどんなイメージが浮かびますか?太りぎみの人?確かに太っていることに対してメタボという言葉がよく使われているようですが、実際は単純におでぶちゃん=メタボというわけではありません。しかし、健康状態について何か告知事項があったとしても保険に入れないとは限らず、部分的に保障の対象外になったり、期限付きの保障付きという例もあるようです。もともと入院などの可能性が高い人を対象にしているため、保険料も通常の医療保険に比べると高く設定してある傾向があります。 医療保険の審査基準は会社ごとに違いますし、保険料なども比較するために、保険の加入を検討するときはひとつの窓口でいろいろな保険会社の商品を扱っている総合保険代理店などで相談するとよいかと思います。普通、医療保険に加入する際には、健康状態についての告知書に記入し、保険会社の審査をクリアしなければなりません。これらの影響で、近年では自分の健康診断の結果や数値を気にする人も増え、健康に不安を抱えたり将来のからだについて真剣に考える人が増えてきています。 告知を必要としない無選択型医療保険というものもありますが、これはおもに高齢者向けの保険で、持病に対する給付の内容に制限があったりします。また、ある保険会社で通常の医療保険に加入できなかったとしても、他の保険会社の医療保険には加入できた、という例もあります。

-|-|-|-

メタボ対喫煙

メタボと同様に生活習慣病に大きく影響を及ぼすものに「喫煙」があります。この負担金というのは後期高齢者医療への支援金なのですが、メタボ健診を進めるためのペナルティーとされると、「メタボ=肥満」と認識されている社会では、太っている人を疎外する風潮になってしまわないか不安があります。・・・とここでメタボ対策か喫煙対策か、と議論するより、やはり自分のからだのことですから、自分で気をつけていきたいですよね。

疑問点として挙げられるのは、健診受診率やメタボ減少率に改善が見られなかった場合にペナルティーが科せられることです。しかし、この取り組みが果たして妥当なのかどうか、それは疑問が残るところでもあります。本来なら、国を挙げてメタボ対策に乗り出す前に、喫煙対策を行なうほうが妥当だったのかもしれません。

喫煙は肥満と違って本人のみならず、周囲の人も巻き込んで健康に害を及ぼします。これは健診を行なう医療保険者にかかる負担金が増額されるもので、メタボと診断された個人に直接罰則金が請求されるわけではありません。生活習慣病にかかる可能性を早期に発見して適切な指導を行ない未然に病気を防ぐため、そして将来の医療費を抑えるため、ともっともな目的があり、納得もできます。

義務化されたメタボ健診ですが、せっかくの機会ですから積極的に受け、これからの健康習慣に役立てていきたいものですね。2008年4月から特定健診(メタボ健診)が義務化されたのですが、これについては始動した今でも賛否両論あるようです。この制度のために保険料が上がるなんていうことが起きれば、太っている人に対して「あなたがいるから保険料が高くなる」などと言う人も出てくるかもしれません。



 


-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © メタボ検診 | メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます