メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

急速なダイエットによる体重減少にはリバウンド対策が必要

-
極端なダイエットをして、体重が急に落ちると、リバウンドが起きやすい体質になってしまいがちです。食生活の変化が急速に進んだことで、日本人の食事がご飯と味噌汁から、パンと肉、乳製品に、急速にシフトしています。食生活の変化によって、肥満(内臓脂肪型肥満とダイエット)は現代病の一つとして数えられるようになってきています。 身体に負荷がかかるほどのダイエットをたくさんの人がしている背景には、健康や、美容への意識の高まりもあります。急激なダイエットは、健康上あまり良いとは言えませんし、必ずと言って良いほどリバウンドをします。生活習慣の改善と、運動が、ダイエットの二本柱といえます。カロリー制限のやりすぎは、その場では体重を減らすことが可能ですが、食事をしない期間が続くと胃が縮んでしまいます。ダイエットをすることで、胃の内容量が少なくなるのですが、胃が縮んだ状態で以前の量の食事をすると、食事の摂りすぎという状態になってしまいます。 胃の許容量を上回る食事をすると、全て脂肪として蓄積されやすくなるので、リバウンドにつながります。リバウンドが発生するリスクを抑えるためには、食事制限はほどほどにして、運動量を増やして、消費カロリーの多い状態を保つことです。食事量を減らさないようにするためには、偏った栄養の食事をするのではなく、必要な栄養素を万遍なく取れるような食事制限をしなければいけません。胃を縮めずに適度な食事制限を行うことで、食べたものが体脂肪になって体重を増やすようなリスクもおかさずにすみ、あとは運動によってリバウンド対策が可能です。

-|-|-|-

メタボと目方

自らの目方を気にかけているという人は少なくないのですが、肥満についてはメタボのリスクもあることをマスターすべきです。メタボはメタボにもつながるもので、対策をする欠かせないことがあるのですいつものように目方計などで目方を計測している人は多数ようなのですね。自らの適性目方や見た目や目方からは分かりにくい脂肪についてもマスターしておかなければいけないのです。 自らの体はどんな様子にあるか自覚することで、メタボの対策ができてしまうのです。メタボは内臓脂肪型肥満症候群とも呼ばれているのです。メタボと見なされるのは、肥満が発端となったメタボを抱え込んでいたり、内臓脂肪の量がわりと多数ような人です。今メタボのことがあるかを自覚するには、まず腹囲を計測し、ついで目方を確認します。広く肥満は内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満と皮膚の下に脂肪がたまる皮下脂肪型肥満の人がいます。 体の中にインパクトを与えメタボの要因となるのは中性脂肪です。メタボにならないためには、ちかごろの自らの目方を知り、適正目方に対してどのくらい異なるかも大事なことでしょう。お茶の間用の目方計には脂肪率を計測するメカニズムがついたものがあるのです体脂肪計もひとつの目安として駆使することをおすすめいたします。メタボにならずに痩せる方法を継続していけるように、まずはBMIや体脂肪率をマスターするところからスタートすることをおすすめします。

-|-|-|-

マックのメニューにカロリー表示開始

 アメリカのマクドナルドの店舗で
メニューにカロリー表示が始まるようですね。

日本ではもはや当たり前のようになっている
カロリー表示。

コンビニやファミレスなどでも多いですよね。
ちょっとでも気にすることが
メタボ対策や痩せるための自己管理に役立ちますものね。
摂取カロリーを少しでも減らすことは大事ですよねー

日本のマックでも早く導入してほしいですねー

-|-|-|-

女性は仕事のストレスで糖尿病になる可能性が高い

 ストレスは体に良くないと言われてきましたが、
科学的な研究結果が発表されました。

女性は職場でのストレスを抱えると
食べ物へと目がいくらしく。
その中でもスイーツなどカロリーの高いものを食べてしまい
摂取カロリーのコントロールができなくなってしまうようですね。

その結果、糖尿病へのリスクが2倍になってしまうようですね。

たかが仕事、されど仕事ですが、
ストレスを抱えないように
適当に頑張って仕事をしたほうがいいかもw

-|-|-|-

アディポネクチンの効果が長寿への救世主になるか

アディポクネクチンの効果を再現する
新薬が開発研究され
この薬ができれば、
メタボや生活習慣病の改善や予防ができるようです。

これにプラス、最近話題になっている
レスベラトールというポリフェノールの成分が
エイジングケアにいいようですね。

-|-|-|-
無料ブログSEOテンプレート
Copyright © メタボ検診、基準と生活習慣病の改善、予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます